2011年9月14日水曜日

英語日記入門編(1)  起きた順に書く




中学3年生のTくんから簡単な英語日記の書き方を教えて欲しいというメッセージをメールフォームでいただきました。私はずいぶん前に中学校でALTをさせていただいたことがありますが、中学生の英語のレベルがどれくらいなのかちょっと思い出せないません。でもがんばって記事を書いてみます。

起きた順に書く

副詞を使ってdiaryを書いてみよう


一番簡単な方法はSequence Order (順番の連鎖?)を使うといいと思います。その日起きたことを順番に書いて行きます。その時に使う6つのキーワードになる副詞があります。

  1. First 最初に
  2. Then そして
  3. Next 次に
  4. Later 後に
  5. After that その後
  6. Finally 最後に
Firstが一番最初で、finally が一番最後と決まっています。その他の then, next, later, after that はどの順番で使ってもOKですし、全て使わなくても大丈夫です。


まずは下書き


まず日本語でその日の出来事を簡単にリストアップしましょう。あまり複雑なことを書かないで、小学生の低学年のレベルの日本語で書くようにしましょう。今の自分の日本語のレベルと同じくらい英文が書けるようになるのはまだまださきのことです。できるだけ辞書で調べないで、教科書に乗っている言葉だけで書きましょう。
  1. 友達の圭くんと美浜に行った。
  2. A&Wでハンバーガーとルートビアをいただいた。
  3. セガでゲームをした。
  4. ホームセンターで魚を見に行った。
  5. ストリートミュージシャンの音楽を聞いた。
  6. 5時に帰りました。

下書きを英訳する

下書きした日本語を英語に訳します。日本語の横に書き入れましょう。一つ一つの文をセンテンスといいます。

  1. I went to Mihama with my friend Kei.
  2. We went to A&W. We had hamburgers and rootbeer.
  3. We played games at the game center.
  4. We went to the home center to see fishes.
  5. We saw a street musician. He was singing.
  6. We went home at 5.

段落で書く


最後は仕上げです。日記は箇条書きではなく、段落で書きます。最初のセンテンスは日記のまとめとなるトピック・センテンスです。その後から、First, next, later などの副詞を入れます。

I went to Mihama with my friend Kei. First, we went to A&W. We had hamburgers and rootbeer. Next, we played games at the game center. Then, we went to the home center to see fishes. Later, we saw a street musician. He was singing. Finally, we went home at 5.


一日ではなく、短時間の日記


この方法で一日分の日記だけではなく、家に帰ってから夕飯までなどの数時間の出来事を書くこともできます。

下書きを書いてから英語に訳そう。
  1. 4:30に帰った
  2. かばんを部屋に置いた
  3. クッキーとお茶
  4. 友たちのエリカの家に行った
  5. 一緒に宿題をした
  6. 6:30に帰った
  7. 7:00に夕飯
いい感じの日記になりました。

I came home at 4:30. First, I put my bag in my room. Then, I had some cookies and some tea. Next, I went to my friend Erika's house. We did our homework together. Then, I came home at 6:30. Finally, we had dinner at 7:00.


英作文を書くときの注意点


「食べ物を食べる」「飲み物を飲む」という時の動詞はどちらもhad(いただいた)とj表現しましょう。Some というのは「を少し」という意味です。

Later, then, after that などの副詞は全てのセンテンスに付ける必要はありません。出来事の区切りになるところに入れるといいでしょう。上の文ではエリカさんの家に言って、宿題をしたことはつながっているので、間に副詞を入れる必要はありません。

Diaryはたくさん書いていけば上達します。がんばってこのパターンで書いてみましょう。「この書き方に飽きてきたな」と思ったら、次のステップに進むといいです。

書いたdiaryは学校の先生や家族の人に見てもらって、アドバイスを貰って下さい。(すみません、このブログでは日記の添削はしていません。)

次は自分の気持ちを表現する方法について書きます。

関連記事: 

夏休みの英語日記で使える動詞

複文を使って英語日記をかっこ良く 


英語日記入門編(2)

にほんブログ村 英語ブログ 英語の日記へ
にほんブログ村

0 件のコメント :

コメントを投稿

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...