2015年2月25日水曜日

Now の正しい使い方(1)☆



私が初めて「なう」という言葉を見たのはFacebookだったと思います。当初は「この使い方は…。」と首をかしげましたが、今気がつけば「なう」を普通に使っている自分がいます。 

さて、英語で「なう」な状況を表現したい時にはどうすればいいでしょうか?実は、ほとんどの場合、now という単語は必要ありません。

 まず、Facebookにありそうな例文をご覧ください:

2015年2月19日木曜日

「オリエント」という言葉は差別用語?


世界品質の Orient の時計


Orientを英文で見なくなりました


Orient(オリエント)やOriental(オリエンタル)という言葉を聞くと、何を思い浮かべますか?

アガサ・クリスティーの「オリエント急行殺人事件 」?日本の時計メーカー?カレールーの会社?

インターネットで調べてみると、日本には「オリエント」という名前の会社や商品が沢山あります。

前々から、英語でこの言葉を聞かないことは気づいていましたが、先日Orientという言葉は米国では差別用語だと気が付きました。

2015年2月11日水曜日

新しい英語学習法 ~ アプリを使ってイマージョン体験☆




英語にまみれて学ぶ

英語学習というと「暗記」や「単語力」など、あまり楽しいイメージを持たない日本人が多いような印象があります。中学や高校の受験勉強などは、読むことと、書くことが中心で、自分から進んでやりたいものではなかったのでは?

私はこれから楽しい英語の学習法を提案していこうと思います。今までとは全く違う、あまりお金のかからない独学の方法です。

日常会話を学ぶには海外留学して、英語まみれになるイマージョンが一番だと思います。私は英語教育を受けましたが、生まれた時からずっと日本に暮らしていたため、日本語はイマージョンで学びました。私の教材は家族や友達、テレビ、少女マンガ、歌謡曲などでした。毎日の生活の中で自然と日本語が身につきました。教科書で日本語を学んだことはありません。

しかし、海外留学はお金も時間もかかるし、大人になってから、なかなか実現するのは大変です。

私が少女漫画で日本語が読めるようになったように、興味があることをしながら、英語が学べたら上達は早いと確信しています。


アプリを使ってイマージョン体験

今回はiOSアプリ(iPhone, iPad, iPod touch用)のアプリを使った擬似イマージョン学習を提案します。身体を動かしなら、リスニングの力をつけていく方法ます。

私はアプリを使って週に2,3回ヨガの練習をしていて、最近は中級の練習をはじめました。まず、アプリの動画をご覧ください。


女性の美しいナレーションを聞き流しながら、ヨガを練習している内に、リスニングの力がついてきます。

アプリの名前は Yoga Studio.。iTunesストア でダウンロードできます。400円もするのでアプリとしてはちょっとお高いほうです。この記事を最後まで読んでから、購入を検討してください。

 *このアプリを使った学習法はヨガ教室に通った方のみにおすすめします。ヨガの経験がない方はまずヨガ教室やカルチャーセンターなどで基礎的なポーズを正しく学んでください。ケガの防止のためにも。

アプリは初級、中級、上級のクラスにわかれています。まずは用語を覚えるために実際のレベルが高い方も「初級」からはじめましょう。

学習方法

1. アプリの画面の下のメニューから Classesを開き、Beginner Essentials から Beginner Combination というレッスンをを選択し、大きな矢印をタップしてダウンロードしましょう。この15分のレッスンは、57種類のポーズで構成されています。

 *ダウンロードしたレッスンは Studio に収納されますので、2回めからはそちらからスタートできます。




2. ダウンロードが完了すると、大きな矢印が再生ボタンに変わりますが、再生する前にポーズの説明に目を通しましょう。Easy poseの画像をタップしてください。画像の右か下にポーズの説明と、効き目、ポーズのバリエーションが書いてあります。読むだけでもいいですし、不安でしたら、知らない単語を調べてノートに書き留めてもいいでしょう。説明を覚える必要はありません。




3. すべてのポーズの説明に目を通したら、すぐに始めたいところですが、一度レッスンを最後まで再生して、流れを確認しましょう。自信がなければ、数回再生します。

 *ナレーションが全く聞き取れなくても心配ありません。今大切なのはポーズの順序を把握することです。

4. レッスンの流れがだいたい頭に入ったら、実際に練習を始めます。動きやすい服、ヨガマット、iPhoneなどのアップル機器、機器を立てるスタンド、イスか低いテーブルを用意しましょう。アップル機器をスタンドに立てて、イスに乗せてから、レッスンを再生します。

5. 画面を見ながら、15分間のヨガ練習をします。

6. 最低でも週3回練習行います。練習ができない時は再生するだけでもいいです。

最初は画面を見ながら、レッスンについていくに必死で、ナレーションは全く聞き取れないかもしれません。しかし、ポーズの順番を覚えたころには、ナレーションの単語が耳に入ってきます。何度も練習しているうちにナレーションと動きがリンクされ、聞き取れるようになります。

聞き取れるようになったら、できるだけ画面を見ないで、音声だけで練習します。

それができたら、新しいレッスンをスタートしてもOK。

気長に、「段々わかってくる」という現象をお楽しみください。

リスニングは飽きるまで聴きこめば、特に努力をしなくても身につきます。リスニングに動きが加われば、さらに効果的です。

私は週2,3回ヨガ練習をしています。以前ヨガ教室に通っていましたが、ブランクが長かったので、最初はアプリでの練習が大変でした。でも練習の甲斐あって、先日妹に「お尻が小さくなってる!」と言われました。

リスニングが身につく上に、シェイプアップができるって素敵だと思いませんか?





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村