2016年8月24日水曜日

「結婚相手のいとこ」を英語でどういう?


結婚して増える家族


結婚相手の親や兄弟のことは関係に in-law を付けることはもうご存知かと思います。

    義理の父は来年定年です。
    My father-in-law retires next year.

    義理の母は雑誌の編集長です。
    My mother-in-law is the editor of a magazine.

兄弟の場合は兄や弟とはいわず、名前で区別します。

    義理の姉のサラが元気な男の赤ちゃんを出産しました。
    My sister-in-law Sara gave birth to a bouncing baby boy.

    義理の弟は大学生です。
    My brother-in-law is in college.

結婚相手のご両親のことは in-laws と呼びます。

    My in-laws are coming for dinner tonight.
    今日は主人の両親がうちで夕食と食べに来ます。

本題の結婚相手の叔父、叔母、従兄弟はなんと呼ぶのでしょう?


2016年8月21日日曜日

Trouble (トラブル)は日常英話によく出てくる ~ Am I in trouble?

Am I in trouble?

トラブルは「事件」という意味?


多くの日本人は「トラブル」という名詞を聞くと、大きな事件に巻き込まれていたり、社会な問題が起きている状態を想像するかもしれません。

しかし、英語ではもっと幅広い意味を持っています。

今回は結構日常的に使われている名詞としての troubleMerriam Webster Dictionary の例文に沿ってご紹介します。



2016年8月17日水曜日

「カンペ」は英語でどういう?

米国NBCの人気番組SNLのカンペ

テレビで使われる「カンペ」


日本のバラエティーのテレビ番組を見ていると「カンペ」という言葉を耳にしています。テレビ番組のMCのセリフや、出演者に向けてのディレクターの指示が書いてあります。

画像はアメリカの伝説のコメディー番組 Saturday Night Live で20年来カンペを担当している Wally Ferensten 氏。カンペの文字を読みやすく書くのも彼の仕事。画像に書いてある、cue card というの「カンペ」の英語です。

Cue というのは「きっかけ」や「合図」という意味。MCが読むタイミングに合わせて大きなカードをめくるのは体力も集中力も必要とのこと。

このカンペは番組中のネタです。

    Wally, lower the cue cards.
    ウォリー、カンペをさげて。

とMCに言わせるためのカンペを持っているというのかオチです。もちろんこのカンペもウォーリー氏が書いたものです。

ウォリー氏のお仕事のことを一般的に cue card guy と言います。


2016年8月12日金曜日

発見!「ソフト面」、「ハード面」を英語で表現する方法


ソフト面、ハード面とは?


私はフリーで翻訳のお仕事をいただくことがあります。企業様から頂く翻訳依頼をで一番困った表現は「ハード面」「ソフト面」という表現でした。英語ではこういう表現をしないので、この二つの表現を訳すのに丸一日かかることもありました。

ハード面、ソフト面という言い方を英語でしないと以前の記事で書きました。英語ではパソコンの機器のことを、もともとは金物類や鉄器類という意味のhardwareと呼び、目に見えないプログラムやオペレーティング・システムのことを造語の software という名前をつけました。

英語では hardware も software も2音節の単語なので省略する必要はありません。しかし日本語ではそれぞれ4音と5音節と長いのでハード、ソフトと省略されるようになりました。

        hard-ware 2音節 
        soft-ware 2音節

        ハー・ド・ウェ・ア 4音節
        ソ・フ・ト・ウェ・ア 5 音節

やがて、まちづくりや教育などの文章に、建物や道路といった「ハード面」や、歴史文化などの「ソフト面」が使われるようになりました。

とても分かりやすい表現ですが、英語ではまだこのような使い方をしていません。ただ、英語も進化しているので、将来的にこのような表現を取り入れる可能性がゼロではありません。

逆に日本でコンピューターに関係ない事柄には、ハードやソフトよりも有形、無形と表現した方が伝わりやすいのでは、と私は思います。


2016年8月7日日曜日

「エールを送る」を英語で表現しよう ~ We are cheering him on!


"Ooh! A-lei-a-lei"


「エールを送る」は和製英語です


オリンピック、サッカーワールドカップ、高校野球など大きなスポーツイベントのニュースでよく耳にする「エールを送る」という表現ですが、私の幼なじみでインターなショルスク-ルのクラスメートT君はかなりの違和感を抱くようです。

「あれはどうにかならないか?日本語の読み書きできるんだろ?日本のWikipedia に書くとかできない?」と苛つきます。

私はウィキペディアの編集はできませんが、ブログはやっているので、ここで彼の願いを聞き入れたいと思います。

まず「エール」というのはなんでしょう?名詞としての yell は二つの意味があります:
1(苦痛・恐怖などの)叫び声,わめき.
2《米・カナダ》 (大学などで味方の選手応援のための)エール.
「エールを送る」のエールは二番の意味ですね。

90年以上の歴史を持つテキサスA&M大学の応援団の yell leader (エールリーダー)による実際のエールです:


2016年8月1日月曜日

「会う」と言う意味の see とmeet の違い ~ I'd love to meet him.

I've love to meet him.

Meet と see の大きな違い


「ぜひ彼にお会いしたいです。」と言いたい時、どちらが正しいでしょう?

    a. I would love to meet him.

    b. I would love to see him..

どちらも正解ですが、意味が違います。

結論から言いますと、meet は 「初めて会う」で、see は「会いに行く」という意味になります。