2017年4月4日火曜日

Chance と opportunity を使い分けよう ~ get a chance は和製英語

A game of chance.

Now get a chance! に違和感


昔、「ザ・チャンス」という今では珍しい視聴者参加のクイズ・ゲーム番組がありました。当時米軍のTVチャンネルで放送されていた The Price Is Right の日本語版ということで、とても楽しみだったことを覚えています。しかし、番組を見てみると、ちょっと苦手なところがありました。それは司会者が「ナウゲッタチャンス!」と叫ぶことでした。


10代だった私は「変な表現だなぁ」と思ったものでした。

この番組がきっかけで、”Get a chance!" という表現が広まったような気がします。Get a chance は「チャンス(機会)をつかめ」という意味だと捉えられているようです。


この流れからお察しいただけるかと思いますが、ネイティブスピーカーが「チャンス(機会)をつかめ」という意味で "Get a chance!" を発することはありません。和製英語のひとつだとご理解ください。



「チャンスをつかめ!」は英語でどういう?


「チャンスをつかめ」は英語で表現するなら seize an opportunity と言います。普段使いでは

      seize the opportunity + 不定詞 (+目的語)

のパターンで表現します。

      I am ready to seize the opportunity to work overseas.
      私は海外で働くチャンスをつかみ取る心構えができています。

      Seize the opportunity to go to college while you are young.
      若い内に大学に行く機会をつかみ取りなさい。

      I am grateful for this opportunity to work in television.
      テレビ業界で働く機会をいただき、とても感謝しています。   

すでに機会が話題に出ている場合は不定詞で opportunity を修飾する必要はありません。

      I would like to seize this opportunity.
      ぜひこのチャンスを手にしたいです。

Google 検索: seize the opportunity

chance と opportunity の違い


Chanceopportunity も「機会」という意味を持っています。しかし chance には「成算」や「見込み」という意味もあります。

運に左右されるギャンブルは game of chance と言います。Chance には「当たりハズレ」や「偶然」「強運」などのニュアンスがあります。

Opportunity には偶然の要素はありません。機会を与えられても、本人の能力や財力などの条件が伴わなければ、成就できません。

Opportunity は進学、就職、大きな買い物など、人生の大きい節目にふさわしい表現です。

      This is an opportunity of a lifetime.
      これは人生に一度に機会です。

Chance はギャンブル、ゲーム、宝くじ、抽選などにの話題に最適です。くじのこと chances と呼ぶこともあります。チャリティーイベントなどでなどで賞品が当たる「くじ」を販売ことを sell chancesと言います:

      We are selling chances to win a beautiful oil painting.
      美しい油絵が当たるくじを販売しています。



Get a chance を含む英語表現


Get a chance は「抽選で~が当たる」というような表現によく使われます。

      Comment and get a chance to win a fabulous prizes.
      コメントをして、素敵な賞品を当てよう。

Google 検索: get a chance to win

次回は take a chance, give a chance 等のイディオムをご紹介します。

Photo by Rusanthan Ezhil

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


0 件のコメント :

コメントを投稿